--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これが余のメラゾーマだ」 どうぶつの国 4 雷句誠

2010年12月17日 20:10

どうぶつの国_4

どうぶつの国で唯一の人間かと思われていたタロウザ。タヌキに育てられた彼が初めて見た同じ種族の子供は、なんとライオンに育てられた女の子であった。
一度は戦った間柄であったが、今度はライオン少女・カプリに命の危機が訪れる。

生命の音を聞くアニマルファンタジー「どうぶつの国」4巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

前巻から引き続きカプリとの話であり、草食動物と肉食動物の壁は越えられなかったものの一応の解決(というか、住み分けの線引きみたいなもの)がつけられる4巻です。
収録された4話中の3話がカプリ絡みなのですが、なんと巻末の話でびっくり仰天新たな人間の子供が。一体この世界には何人の人間が流されてきたのか。そして全員タロウザと同年代なのは何故なのか。

それよりも目下注目すべきは、遂に登場した人類の文明の象徴。
そう、"火"です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「使わない大金って腐るよね」 ビリオネアガール 1 原作 支倉凍砂/漫画 桂明日香

2010年11月14日 22:59

ビリオネアガール_1

叔父から紹介された家庭教師のバイト。なんと時給が一万円。
何か裏があるのでは、と訝しがるが、その実やることは普通の少女に数学を教えるだけ。
ただ一つ普通でないのは、少女は総資産170億を持つデイトレーダーだったのです。

お金と幸福を題材にしたプレミア青春ストーリー「ビリオネアガール」1巻の感想です。

原作は「狼と香辛料」でお馴染みの支倉凍砂先生。ライトノベルに経済という異色分野を開拓した作家です。
そしてそのストーリーを絵にしたのが桂明日香先生。ギャグもシリアスもラブコメもファンタジーだってこなせるオールマイティーな漫画家です。

何という最強コンビ。帯を見ただけで期待に胸が熱くなったのは言うまでもありません。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「正に肉食。恋する乙女、カプリ姫。ウッ!!!」 どうぶつの国 3 雷句誠

2010年09月02日 22:24

どうぶつの国_3

2巻のラストから時を経ること7年。赤ん坊・タロウザは立派なハナタレ少年に育っていた。
相変わらず非力で脚も遅いながらに、知恵と勇気はピカイチです。

命の尊さを説くアニマルファンタジー「どうぶつの国」3巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。

3巻巻末にて待望のエピソード0も収録されました。
タロウザと出会う前のクロカギが主役であるスピンオフ作品。受け継がれる「メロディー」の物語。
てっきり本編もクロカギが主役だと勘違いしていたのが懐かしいです。
モノコもぱっと見タヌキには見えなかったし。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「昨日も今日も明日も思春期」 生徒会役員共 3~4 氏家ト全

2010年08月24日 23:33

生徒会役員共_4

ぎりぎり(アウト)のネタの応酬。君は全ての(シモ)ネタに反応できるか!?
ツッコミの大リーグ養成ギプス「生徒会役員共」3~4巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

4巻にはボイスカード付きの限定版が同時発売されましたが、さっぱり見当たりませんでした。
これって琴浦さん1巻の限定版みたいにAmazon限定販売とかではないですよね(普通の書店で買ったって人もいるし)。
内容は生徒会長・天草シノの声が聞けるというものらしいです。
これが新聞部長・畑ランコの声だったら地の果てまで探して回るのですが。新井里美さんのコミカルな演技は素晴らしいの一言ですよ。

また、キャラクターブックである「生徒会役員共&オールキャラクターズ」も同時発売ですが、こちらも見付かりませんでした。なんてこった。
アニメも絶好調で大人気ですね。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「なんかおかしな契約者・柴木」 まじもじるるも 5~6 渡辺航

2010年08月19日 23:32

まじもじるるも_5まじもじるるも_6

恋に魔法に変態だ!
青春真っ盛り、妄想暴発気味のヘンタイシバキが今度も多彩なエロ騒ぎ。
助けた魔女からの恩返し「まじもじるるも」5~6巻の感想です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

魔女増大中。
ヤンデレ暴走中。
そして柴木にモテ期到来中。

今までも意外と好意を持たれたりモテたりもしていましたが、今度のモテっぷりは半端ないです。
変態変態と罵倒され続け実際変態行動の多い柴木ですが、頭の悪さを除けば根は優しいし行動的だし、積極的に人助けも行います。巡り巡ってこうしたモテ期に繋がったのはある意味必然と言えるでしょう。

けれどそれが報われないのが柴木ですね。血を見る結末も多いのに幸せそうでうらやましい。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「勝つまで負けない。それが芝いつき」  論理少女 3~4 つじ要

2010年07月18日 01:05

論理少女_3論理少女_4

「意味がわからない!
 論理的に話しなさい!」


論理を剣に、知識を盾に、知恵を兜に、心に正義。
弱きを助け強きを挫く、生徒会会長・芝いつきとの謎解き合戦「論理少女」3~4巻の感想です。

1~2巻の感想はこちらから。

あらゆることをゲームの勝敗にゆだねる「津隠問答」のシステムは健在です。
意見が分かれればその場にあるものでゲームを作り相手に解かせる。そして勝った方の意見に従う。

我らが論理少女・芝いつきも津隠問答を仕掛けたり仕掛けられたり。普段より「生まれて14年一度も負けたことがない」と豪語する彼女は並み居る凡百の問題を華麗に解き捨てていきます。
ところが、やはり生まれてたったの14年、全知でない彼女にも解けない問題というのは存在するのでした。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「この星に「人」という種の動物はいない」 どうぶつの国 1~2 雷句誠

2010年04月21日 23:30

どうぶつの国_1どうぶつの国_2

母に捨てられ川に流された赤子。
両親を食われ孤独に生きるタヌキ。
違う世界に生きる者が出会い、「命」が始まった。

いろいろあって小学館から講談社へ移籍した雷句誠氏が世に放つ奇跡のアニマルファンタジー「どうぶつの国」1~2巻の感想です。

2ヶ月連続刊行。
週刊少年マガジン掲載のエピソード0も2巻に収録されるということで喜び勇んで購入したものの、ページが足りずに3巻までお預けとなりました。1巻巻末予告に騙されました。
ただ、2巻までに収録された話で一区切りついているのできりがいいです。

ちなみに1巻扉で、タヌキのモノコが"ネコ目 イヌ科"、大山猫のクロカギが"ネコ目 ネコ科"と書かれています。
ネコもイヌも、大きく分けるとネコ目(食肉目)なのですよ。先祖が同じミアキスという動物なので(豆知識)。
[ 続きを読む ]

「即効性の笑い。眠気は吹っ飛び食欲は失せます」 ハルシオン・ランチ 1 沙村広明

2010年04月14日 23:28

ハルシオンランチ_1

現れたのは宇宙から来た不思議少女・ヒヨス。
拾ったのは無一文のダメ男。
巻き込まれたのは科学オタクのブラコン不良少女。

星ごとまるっと頂きます。最低グルメ漫画「ハルシオン・ランチ」1巻の感想です。

作者である沙村広明氏といえば代表作は「無限の住人」。殺伐とした切った張ったの時代劇です。
その中からギャグ成分だけ取り出して、いい感じにパロディーで装飾してあさっての方向へぶん投げたのが本作です。

タイトルのハルシオン(Halcyon)・ランチとは直訳すると平和な食卓となります。
そのわりに平和な要素はないです。波乱騒乱。人死にこそないものの、それ以上のグロさがあります。
また、綴りは違いますがハルシオン(Halcion)という催眠導入剤もあります。そんな名前のわりに、就寝前に読んでると眠気が吹っ飛ぶコメディーです。
主要人物である宇宙少女・ヒヨスの名前も薬剤から(鎮静剤の一種)。
もう一人の宇宙少女・トリアゾも同じく、ハルシオンの別名トリアゾラムから。

はじめは何の漫画かと思いましたが、1巻を通して読んで余計分からなくなりました。
少なくともグルメ漫画ではないです。
[ 続きを読む ]

「ヘンタイ柴木 今日も エロいぞ いい笑顔」 まじもじ るるも 4 渡辺航

2009年09月29日 22:50

まじもじるるも_4

根は優しくてすごくバカ。エロス探して東奔西走、パンチラ見つけてごっつぁんです。
ヘンタイシバキが阿呆な願いで命を減らす「まじもじるるも」4巻の感想です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

以前から表紙のローマ字表記について「MAGIMOGI RURUMO」に見える、それじゃ「まぎもぎるるも」だ、と言っていましたが、4巻表紙にて作者名の下にはっきり

「MAGIMOJI RURUMO」

と書かれる仕様になりました。
「まぎもじ」?
推測ですが、「MAGICAL(マジカル) + MOJIMOJI(もじもじ)」で「まじもじ」だから、綴りが「MAGIMOJI」になるのですかね。

では、ここから4巻の感想です。
[ 続きを読む ]

別冊少年マガジン 創刊号

2009年09月13日 23:59

別冊少年マガジン

普段雑誌を取り上げての感想は書いてないのですが、雷句誠氏の「どうぶつの国」が面白かったので。

あと、何故か時間がなくなったので縮小更新。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。