--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイネコ 6 真島悦也

2009年01月20日 22:36

コイネコ_6

ある日塀の上から告白してくれたクラスメートは、家によく来るノラ猫でした。
恋した猫が人になる、伝えたい事があるから。
「コイネコ」6巻の発売です。

相変わらずの真島節が炸裂する本作。今巻でもネコ達は己の欲望に忠実です。
人になれる猫の数も大分増えました。
ヒロイン・ナオは言うに及ばず、ミヤビにミイコにハルときて、ついにミカヅキまで。そういえば、もう一人の桜崎ナオもいましたね。夢の中で歌うたってた方。

物語りも大分進み、重要なシーンもちらほら出始めていますが、これからも恋をした猫達は増えていくのでしょうか。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ひよママ 真島悦也

2008年11月15日 20:49

ひよママ

「コイネコ」「ちとせげっちゅ!!」でお馴染み、真島悦也氏の電撃大王連載作「ひよママ」。1巻完結と短い作品です。

母は早くに他界、父は世界中を放浪、金も彼女もなく、己を不幸と嘆く少年・草壁雅人。
だが、人生の春は唐突に訪れた。
彼女の名前はマリア・F・ブランシュット。顔には紅色の恥じらいを浮かべ、雅人と二人きりで話がしたいという。
喫茶店に入り二人で話しをする雅人とマリア。可愛く、優しく、けなげで雅人の理想にドンピシャであるマリアに対し、「この娘は俺が好き!」と確信した雅人は、彼女の言葉を遮り逆に自分から告白の言葉を口にする。周囲に祝福されながら嬉し涙を浮かべるマリア。そして「これで一緒に暮らせますね」といきなりの同棲宣言。

「私達もう親子なんですから"お母さん"って呼んで下さい」

親父の婚約相手でした、ていうオチ。

ところが、それは物語の序章でしかなかった……。
[ 続きを読む ]

みらいのあったかカップ 真島悦也

2008年10月16日 23:44

昨日に引き続き4コマ漫画。
昨日に引き続き父と娘の話。
サンデーGXにて「コイネコ」連載中の真島悦也氏が送るほんわか喫茶店4コマ漫画「みらいのあったかカップ」。
1冊完結です。
同じ4コマならまず「ちとせげっちゅ!!」を出せ、という突っ込みは受け付けておりません。

主人公は牧島未来。父一人娘一人の家庭で暮らすごく普通の小学3年生。ごく普通の喫茶店を経営するごく普通のパパさんに育てられた彼女ですが、普通ではないところが1つ。
彼女の淹れるコーヒーは驚くほど不味かったのです(遺伝)。

喫茶店として致命的なパパさんのコーヒーの不味さ。
店自体は有名。何故ならコーヒーが不味すぎるから。
けれどお店は閑古鳥。やっぱりコーヒーが不味いから。
それでもバイトは雇います。コーヒーうまそうに飲んでくれるから。

にがすっぱくて舌がしびれる劇物コーヒー。それでも飲めば暖まる。
あー、嘘ついた。友人のおばあちゃんに気付薬呼ばわりされるコーヒーなんか飲んで暖まれるか。
ケーキがうまいらしいんでそこでもってるんだろう、うん。

暖かいのはコーヒーでなく家族です。
憎めないお馬鹿さんはどうしてこうも愛されるのか。
パパさんは親馬鹿で登校中を尾行するほど娘を溺愛。死別した妻(幼馴染)には毎晩写真に話しかける。寒い日には着ぐるみで接客。飼い猫に対抗して娘の抱っこを迫り、妻の夢を叶えると言って女装もする。
絶好調! パパさん絶好調!

そんなおかしな父と、天然入った母とのハイブリッドが娘であるみらい。ツッコミ属性なので常識人ぽく見えますが彼女も半歩ほど完成ズレてます。
さらにそこへ加わるもう一人の幼馴染兼みらいの担任・京子先生。パパさんの性格を理解しコーヒーの不味さを知り破天荒な行動を見てもなお、パパさんを好きという先生。
血統と環境は完璧です。みらいの将来が心配すぎる。

マスターが変人で有名なお店。一度覗いてみてください。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。