--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー 万城目学

2008年11月07日 23:07

鴨川ホルモー


 みなさんは「ホルモー」という言葉をご存知か。
 そう、ホルモー。
 いえいえ、ホルモンではなくホルモー。「ン」はいらない。そこはぜひ「ー」と伸ばして、素直な感じで発音してもらいたい。


月刊少年エースにて渡会けいじ氏作画による漫画版が好評連載、第1巻発売中。2009年には山田孝之氏主演の映画も封切り予定。同年5月には舞台も開演と、とどまる事を知らぬホルモーワールド。


わたしはコミックス1巻が出るまで「鴨川ホルモー」という作品を知りませんでした。恥ずかしい事に。
書店で1巻を見かけた時から、内容の見えない題名と表紙の女の子が気になって仕方ありませんでした。

大木凡人
この娘


あまりに内容が分からないので、コミックスをそのまま買ってしまうのが躊躇われる。ああ、しかし内容は気になる。
折衷案として出した答えが「まずは原作を読もう」。
そして手に入れました、原作の小説。ドラマで好評を博した「鹿男あおによし」と同じ作者の方だったのですね。ドラマ、大変面白かったです。期待が盛り上がるのも仕方のない話(でもそっちも原作未読)。

表紙の女の子も「大木凡人」という名前である事が分かりました。因みに原作表紙だと芸人の光浦靖子さんにも見えます。そんな彼女の決め台詞は痛烈。

「黙れ、安部」

こいつが胸にズンっときたら、買い。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。