--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめはねっ! 鈴里高校書道部 4 河合克敏

2008年11月29日 23:59

とめはねっ_4

ヤングサンデーの休刊により掲載誌が無くなる憂き目に遭いながらも、ビッグコミックスピリッツに移籍し隔週連載として復活した漫画、「とめはねっ! 鈴里高校書道部」。移籍後初の単行本4巻が発売しました。

タイトルにある通り、この漫画の題材は"書道"。
カナダはプリンスエドワード島からの帰国子女である大江縁(ガチャピン)と、柔道の天才である望月結希の2人はひょんなことから書道部に入部。初めこそ無理やりだったり騙されたりで始めた書道部だったが、日本文化に興味のある真面目な縁と、綺麗な文字が書けるようになりたい望月は、すっかり書道中心の楽しい学園生活を過ごしている。

書道という、聞くからに地味なイメージの題材を選んだ難しい作品だと思います。
ですが、躍動感溢れる字体や力強いトメ、ハネ、儚い様子の淡墨や硬い印象を受ける楷書など、美術的な造詣を表すのに視覚的な手法(漫画や映画など)が合っているのは確かです。特に、漫画の場合読み手の速度で物語が進められるため、書を視ること、説明文を読んだあとで視返すことが容易にできます。
書を書くことの地味さは、歌って踊るうちに歌詞を書するというパフォーマンスで挽回。また、書を書く際の題材探しで先輩達に振り回される様がアクセントとなり、物語に動きを与えてくれます。

要するに面白いです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。