--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スズキ目アジ科の海水魚。高級魚ですよ」 かんぱち 1 原作 武梨えり/漫画 結城心一 

2010年11月07日 23:32

かんぱち_1

御神木に降臨し現世へ顕現した土の神、ナギ。
を、ぱちってカンパチの切り身から顕現したパチ。なんだそりゃ。

本物に限りなく近くて遠いパロ漫画「かんぱち」1巻の感想です。

本家「かんなぎ」の作者である武梨えり先生が体調不良で休載中に、実の兄である結城心一先生により描かれた本作。
元々ゲームのアンソロジー漫画を多数世に送り出してきた結城先生だけあって、様々なパロディーを盛り込みつつ本編も読み込んで細かい設定を踏襲しています。さすが結城先生、身内の作品をパロっても手加減は一切ありません。
わぁい!

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

かんなぎ 6 武梨えり

2008年11月08日 23:59

かんなぎ_6

絶好調ですね、「かんなぎ」。
元々半歩オタク寄りのネタ満載で、神なのに身近なナギの魅力もあって面白おかしい作品でしたが、アニメ化という最大の宣伝効果を得て、もうノリに乗ってますね。飛ぶ鳥も落とす勢いですよ。

「かんなぎ」もいよいよ6巻。物語りも大分進み、シリアス展開の重みも増えてきたように思います。
毎度恒例のイラストレーターさんによるピンナップですが、今回は絶叫さん。ラノベのイラストも描いてらっしゃる方ですが、今だと漫画版「とらドラ!」の作画と言えばお分かりでしょうか。
そして本編の他に「Croquis」という短編が1本。

ていうかね。
単行本のオビがね。

「ジャージだから恥ずかしくないもん!」

誰だ狙ってやった奴は! 武梨さんが意図してやったのか! 担当が「分かってる奴」なのか!?
「それなんてストパン?」てツッコんだら負けかな、と思ってる。
なんやよう分からん言う人はまず帯を取り、表紙を見ましょうや。(本レビューいっちゃん上の画像でも結構)。アニメ化で「可愛くなった」と評される、元から可愛い幼馴染キャラのつぐみが前蹴り。めくれたスカートの下から覗く学校指定芋ジャージ。あとは元ネタの「ストパン」をググるだけ。

流石武梨えりさんの単行本だ。一筋縄ではいかないぜ。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。