--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「…ぼ、僕は、僕はあの人に勝ちたい」 学校の階段 9~10 櫂末高彰

2010年09月25日 00:46

学校の階段_s10

 ああ、そうか。
 その声が聞こえたとき、一番に思ったことはそれだけだった。


疲労困憊、ぶっ倒れるまで走り抜く「学校の階段」原作小説9~10巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。
原作小説1~5巻の感想はこちらから。
原作小説6~8巻の感想はこちらから。

いよいよ小説「学校の階段」の感想も大詰めのラスト。
勝一との階段レース中に覚醒してしまった幸宏が、同じく覚醒済みの階段部副部長・刈谷健吾に正面から挑みます。

なお、短編集「学校の階段の踊り場」につきましては、来月(2010年10月)末に発売予定の2巻を読んでから感想を書くか判断する予定です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「筋肉をバカにするなっ!!」 学校の階段 6~8 櫂末高彰

2010年09月22日 23:15

学校の階段_s6

どうして廊下を走るのだろう。

行動原理を自己に問う「学校の階段」原作小説6~8巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。
原作小説1~5巻の感想はこちらから。

前回に引き続き「学校の階段」に関する感想なのですが、6・7巻はそれまでと少し毛色の違う話になっています。
主人公・神庭幸宏が、それまで熱意を持って接してきた階段に突然魅力を感じなくなってしまうのです。そうした冷めた気持ちは他の部員にも伝わり、ならばいっそと部活を休むことに。
代わりに何をしていたかと言えば、帰国子女の編入生(悪女)にどっぷり嵌って犬扱いされる日々。

 早めに彼を落としてしまいましょう。こんなに面白そうな手駒は初めてだわ。入念に私の犬に仕立て上げて、色々遊んであげましょう。素晴らしいわね。


えらいこっちゃ。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「俺たちは走り回るハムスター」 学校の階段 1~5 櫂末高彰

2010年09月21日 01:53

学校の階段_s1

再三繰り返しますが廊下を走ってはいけません。
そのことを理解した上で本書をお読みください。

学生時代の青春を突っ走る「学校の階段」原作小説1~5巻の感想です。

漫画版1巻の感想はこちらから。

全10巻中なぜ5巻までの感想なのかというと、ストーリーが大きく3つに分けられるためです。

・1~ 5巻 階段部メンバー編
 階段部への導入から、各人の階段部入部への背景を書く
・6~ 8巻 VS波佐間勝一編
 山上桔梗院学園高校との交流を経て、天馬グループの確執とそれに抗う少年の姿を書く
・9~10巻 VS刈谷健吾編
 3年生の卒業を控える中、覚醒した神庭幸宏が同類である刈谷健吾と最後の対決を行う

作者自身により明確に区切られているわけではありませんが、読んだ感じでは上記のようになります。
というわけで3回に渡って原作小説の感想を書いていくことにします。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「廊下は走るな! それと筋肉」 学校の階段 1 原作 櫂末高彰/漫画 芳井アキ

2010年09月19日 23:47

学校の階段_c1

廊下は走るな。危険だから。
だけど走らずにはいられない。

聞き慣れぬ部活「階段部」で突っ走る青春ストーリー「学校の階段」漫画版1巻の感想です。

Webcomicであるファミ通コミッククリアにて連載中の本作。
「かいだん」は怖い話の方の「怪談」ではありません。上り下りする方の「階段」です。

今まで読んでいなかったのですが、単行本発売を機に読んでみました。
そしたら、まあ、面白いではないですか。

調べてみると原作はファミ通文庫のラノベであり、全10巻+短編集1巻で完結しているとのこと。2007年に実写映画化もした本作について、映画は見付からなかったものの原作は書店を探し回って早速全巻購入。三日で11冊一気に読破しました。
読んでびっくり、まぁ~この小説の面白いこと。

階段と青春の衝動とあと筋肉のたっぷり詰まった本作。漫画単行本の裏表紙でも筋肉研究部部長・合田孝三がマッスルポーズで応援しています。
部長、広背筋キレてるよォ!

そんな素晴らしい原作小説の感想はまたの機会に。
今回は漫画版の感想です。尚、Web上では単行本の続きである7話からすぐにファミ通コミッククリアで読むことが出来ます。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。