--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日の当たらぬ薄暗い場所で本を読むのさ」 青年のための読書クラブ 2 原作 桜庭一樹/漫画 タカハシマコ

2010年09月11日 21:00

青年のための読書クラブ_2

神などいないくそったれな世の中で、空っぽの南瓜の中に布教のための神学校を造る。
聖マリアナ学園100年間の裏に潜む語られない黒歴史「青年のための読書クラブ」2巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。

Web雑誌である「FlexComix フレア」にて無料連載中の本作ですが、1話1話の更新期間が長かったのでどうなるものやと思っていました。
が、杞憂だったようで。
いつの間にやら話も進み、順調に連載も続いていました。
良かった良かった。

ですが相変わらず更新頻度は不規則に長く、3巻が出るのはいつのことやら。
実を言うと、今巻に収録されている第3章が聖マリアナ学園創始者の物語であるため、勝手に「2巻で終わりそうだな~」と思っていたのですが、巻末にて現代編の第4章が始まっていましたから。

ちょいと調べたところ、全5章で最後に未来の話があるようですね。
てことは3巻完結なのでしょうか。
待ち遠しい。
しばらくは続巻を待つ悶々とした日々が続きそうです。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

青年のための読書クラブ 1 原作 桜庭一樹/漫画 タカハシマコ

2009年02月24日 23:40

青年のための読書クラブ_1

直木賞作家・桜庭一樹さん原作、女学校である聖マリアナ学園100年間の裏に潜む語られない黒歴史を、読書クラブ誌という一クラブの秘密誌の中に記した物語。「青年のための読書クラブ」1巻をご紹介。

FlexComixフレアなる雑誌に連載という事で聞きなれない方も多いかと思われますが、Yahoo!コミックの中の一つです。つまり無料。
2008/02/24現在、丁度1巻の続きとなる第3編第1話を読むことが出来ます。興味を持たれた方はこちらをクリック、連載中の扉ページへ進みます。
第1編第1話も公開中のため、雰囲気を確かめられてはいかがでしょう。

実は原作未読というか、桜庭一樹さんの作品自体未読です。「GOSICK -ゴシック-」シリーズを数冊所持しているのですが、積み中。しかしながら、本作を読んで以来積んである背表紙が気になる毎日。これは確実に心惹かれておりますね。
とりあえず、原作探してみようかと思います。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。