--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バリモテ伝説 大八木朔」 宙のまにまに 6 柏原麻実

2009年05月13日 23:59

宙のまにまに_6

高校入学初日から年上の彼女を作り、クラスの美少女には思慕の念を寄せられ、文学少女の生徒会長とは密かに心通じ合わせる伝説の男・大八木朔が帰ってきた。
「宙のまにまに」6巻の感想です。

5巻の感想はこちらから。

太陽の下に影あり。
そして大八木の影に江戸川あり。
モテ人生に当てられより一層影を濃くする非モテ人生。

「愛すれど、 愛してくれない 妹たち」

彼の遺した、自らを端的に表す言葉である。
学年が変わり元クラスメートの仲間達からは忘れられ、妹からは謂われ無き暴力を受け、被害を受ける事あらばその対象はいつも彼。今ではすっかり大八木伝説の出歯亀要員と成果ててしまった愛すべき負け犬、江戸川正志。

にぎやかし。

江戸川のための言葉である。
もしくは「強く生きろ」。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

宙のまにまに ⑤ 柏原麻実

2008年09月24日 23:35

天文学青春漫画の5巻発売。
無限の住人と同じ雑誌に載ってるとは思えないほどのほんわかぶりです。
(無限の住人は作中ちょびっと出てくる)

くせ毛の美少女・蒔田姫は強敵・明野美星(お姉さん的な幼馴染のちびっ子)を押しのけて想い人・大八木朔と恋仲になることはできるのか!? がメインストーリー(嘘や)の本作ですが、今巻ではちょこっと外れましょう。

3年生の卒業、新入生の勧誘、地学部復活騒動、そして皆でバイトして手に入れた理想の望遠鏡・テレスコ君。彼らは対に、星猛者サンクチュリアにてキャシー・レヴィー彗星を目の当たりにするのだった。晴子照れちゃう☆

以上が5巻のあらすじ。
うん、大体合ってる。


それはさておき、注目すべきは卒業してしまった蒼栄高校三年生、路万部長。
そして同じく野木城高校三年生、近江部長。

2人の出会いは幼いに頃所属していた天文クラブ。見たかった天の川も期待外れ、と退屈していた近江に星の神話を語る路万。それをきっかけに近江は星への興味を持ち始めるが、路万は体調を崩し天文クラブを辞めてしまう。
それから数年後、高一の秋。近江が蒼栄高校の文化祭で見かけたのは、地学部の受付でしょんぼりとする路万だった。
再会はそこから更に2年後、蒼栄高校の地学部が路万始めとする部員たちの手で天文学部へと生まれ変わった後。近江が所属する野木城高校主催の県内高校天文ネットワーク(高天ネット)秋季観測会の場で。
近江に対しはじめましてと挨拶する路万。

「……はじめまして?
 ほんっとーーにはじめまして?」

路万、吐血。

そこからが積極的な近江は、路万と二人で予備校にも通うほどの仲になり、同じ大学を目指す。
受験の緊張から体を壊し食欲のない路万を、少しずつなら食べられるかも、と食事に誘う。
更に健康と長寿の星・カノープスを見せて路万を元気付ける。

「ありがとう、近江さん……。でもどうして……こんなによくしてくださるのですか…?」
「それ…私に言わせる気?」


          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :
          :

たまらんな!

そして二人は同じ大学へ。
作中明言されてませんが、57頁作者のメッセージに一言。

近江さん
初恋を叶えました。


ローリング ローリング
若い青春 恥かし悶える

この二人が幸せだと見てるこっちも安心できる。
末永くお幸せに。


それにしても路万部長、最後まで吐血で締めてたな……。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。