--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お見合いしてたら小姑出てきて横恋慕」 神様ドォルズ 5 やまむらはじめ

2009年07月20日 22:22

神様ドォルズ_5

木材に樹液を塗って作る神様に人の心を入れて操る。どっこい、見た目はコケシ。
「神様ドォルズ」5巻の感想です。

3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。

東京へ集結する空守村の関係者達。
遂に器師の靄子まで上京し、匡平と詩緒が厄介になる喫茶店「メトネル」こと史場家を訪問。
そこで4巻の伏線である"アレ"が登場します。
あの、あれ。オマケマンガ「由良子の妄執」にて作成された、添い寝用携帯サイズの由良子人形。

「うわあ…
 何かいろいろ嫌な念とかこもってそう……
 ちょっとかわいくデフォルメしてるトコとかスゲー痛い…」

とまで姉に言わせる渾身の一作。手紙と一緒に使用する事で詩緒を呪い殺す効果があります。

さて、今巻はドキドキイベントに2度目のお見合いと、詩緒のためのラブゲームに突入かと思いきや、たらしの匡平に持ってかれました。
何もしてないのに年下にもてるなぁ、匡平。

以下、5巻の感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

エンジェル高校 1~2 犬上すくね

2009年01月21日 23:01

エンジェル高校_1

死んだ人間は魂となり、天国へ行って天使となる。新米天使の生き返りをかけた天使生活を描く物語「エンジェル高校」をご紹介。

前作「ラバーズ7」の感想はこちらから。

単行本発売前は「エンジェル高校」で検索をかけると18歳未満お断りのサイトがわらわらかかったそうですが、今ではすっかり本作の情報ばかりが引っかかるようになりました。1巻巻末では略称も「エンコー」になるということで狙っていくとの作者談ですが、もう犬上すくね色に染め直されてしまいましたね。
わたしとしては、タイトルを見て、エロス系の印象よりも真っ先に「エンジェル伝説」を思い出しました。

エンジェル伝説
これ

天使の心を持った悪魔顔の少年の話。

話としてはラブコメ――で、いいんでしょうか。
シリアスなシーンも多々ありますが、犬上すくね作品らしく、割とのほほんと進みます。
[ 続きを読む ]

コイネコ 6 真島悦也

2009年01月20日 22:36

コイネコ_6

ある日塀の上から告白してくれたクラスメートは、家によく来るノラ猫でした。
恋した猫が人になる、伝えたい事があるから。
「コイネコ」6巻の発売です。

相変わらずの真島節が炸裂する本作。今巻でもネコ達は己の欲望に忠実です。
人になれる猫の数も大分増えました。
ヒロイン・ナオは言うに及ばず、ミヤビにミイコにハルときて、ついにミカヅキまで。そういえば、もう一人の桜崎ナオもいましたね。夢の中で歌うたってた方。

物語りも大分進み、重要なシーンもちらほら出始めていますが、これからも恋をした猫達は増えていくのでしょうか。
[ 続きを読む ]

神様ドォルズ 4 やまむらはじめ

2009年01月19日 23:30

神様ドォルズ_4

コケシのお化けにしか見えない神様・玖吼理。操る詩緒ですらもコケシに見え始めた「神様ドォルズ」4巻の発売です。
コケシじゃなくて案山子ですがね。

前巻では壊れたククリの右腕を直してもらうため、匡平や詩緒達の故郷・空守村へ帰省。そこで日々乃は、匡平と阿幾の過去、そして村で起こった事件を聞きます。
過去が過去なだけに、シリアスでダークな物語が進んだ3巻。

一転して、今巻では明るいノリです。1,2巻の頃のコメディータッチな部分を押し出し、更に日々乃が期間限定でお色気担当に。流石ヒロインB。ヒロインAである妹・詩緒を大きく引き離しました。
作者曰く、流行りの[サザエさん]風味とのこと。
ただし、「こんな雰囲気もこれっきりかも」となにやら不穏な言葉も。

凡庸な主人公である枸雅匡平が、遂に特別視され始める傾向が出てきました。
[ 続きを読む ]

伊勢佐木真剣卓球師外伝 ラバーズ7 全7巻 犬上すくね

2008年12月04日 22:14

ラバーズ7

Loversじゃないよ、Rubbersだよ。卓球のラケットについてるゴム面のことだよ。
卓球漫画家と思いきや、タイトルにある通り「卓球"師"」漫画。しかも外伝。
衝撃の帯文句「女子高生が肉奴隷に!?」に、買う手が止まりました。恐ろしいキャッチコピーだ。
そんな素人御免の「伊勢佐木真剣卓球師外伝 ラバーズ7」をご紹介。

暴力団東ノ本組がシノギを得るコンビニ、その名もラバーズ7。
軟派を断った腹いせに万引きの濡れ衣を着せられた添野なつきは、「すべての揉め事はボールとラケットで解決する」というラバーズ7の掟に従い卓球で濡れ衣を晴らす事になる。相手は同じ学校に通う一つ上の先輩、森岡ひろみ。実はひろみもなつきと同じような紆余曲折を経て、ラバーズ7のオーナー・東ノ本宗則(ヤクザ)の肉奴隷1号として働かされていた。
勝負はひろみの勝ち。だが、防犯ビデオによりなつきの潔白が証明され、開放される。
それを切っ掛けにラバーズ7でバイトを始める事になったなつき。
始めは反りが合わずなかなか打ち解けられなかったなつきとひろみだが、一緒に苦楽を共にするうち、やがてどちらからともなく惹かれ合って行く。

言い忘れたがひろみは男だ。
[ 続きを読む ]

神様ドォルズ ③ やまむらはじめ

2008年09月19日 23:00

ツンデレ妹が兄萌えフラグを立てる話。

嘘や。

よく分からん木製人形使ってドンパチかます話(主に頭突き)。

待望の3巻です。
なんですけど、今回話が重いです。

前巻で詩緒の案山子・玖吼理(くくり)が兄弟ケンカの末壊れちゃったもんで、兄・匡平と共に故郷の空守村に里帰り。
里の職人に修理を頼みます。

で、一緒についてきた居候先の娘:日々乃さんに尋ねられ、阿幾との過去に何があったかを教えるわけですが……


閉鎖した地域って恐ろしいな。余所者に居場所がないものな。

権力者の馬鹿息子(阿幾曰く、クズ)に悪評を流布され追い詰められる先生。
どうでもいいような素振でも先生と触れ合う阿幾。
先生に触れたいが近寄れない匡平。

最後まで部外者だった匡平。
部外者で何もできなかったから、取り残されたように傷跡が残っている。


重。
次巻から現代に戻って日々乃フラグ乱立パートに復帰するわけですが、今巻一冊は通しで重いよ。

カバー裏がはっちゃけてるけどな!

注目はヤンドラ(病んでてデレない)阿幾の笑顔な。
70ページな。
要付箋紙。


あと、キャラ紹介でちょっとびっくり。
ヒロインAって詩緒なんだ!?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。