--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手を伸ばしても無駄なこと」 魍魎の揺りかご 1 三部けい

2010年08月28日 00:44

魍魎の揺りかご_1

殺人鬼が追ってくる。
殺人鬼は致命傷をもものともしない。
殺人鬼は感染する。
生き残れる者はわずか。

量産される殺人鬼から逃れるスプラッターホラー「魍魎の揺りかご」1巻の感想です。


作者の三部けい先生と掲載誌であるヤングガンガンの組み合わせで思い出すのは、連載終了の記憶も新しい孤島ミステリー「鬼燈の島」です。
子供達の妄想が恐怖を生み出した物語の終了からおおよそ一年。
次なる物語は、転覆した客船というまたもクローズドサークルが舞台です。
ただし、今度の敵は妄想ではありません。はっきりとそこに存在し迫り来る恐怖、殺人鬼。

時系列的には前作「鬼燈の島」の10数年後のようで、盲目の少女・鈴原夢の成長した姿が見られます。
立派に成長したなぁ――と感慨深く思う暇もなくえらいこっちゃですよ。

以下、考察(というか感想というか)です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「咲いた鬼燈に真実を語る」 鬼燈の島 4 三部けい

2009年09月27日 23:59

鬼燈の島_4

全ての謎に決着をつけ子供と大人の戦いが終わる。
生き残りをかけた孤島ミステリー「鬼燈の島」最終4巻の感想です。

1,2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。

表紙を飾るのは幽霊少女。
元々は1巻・幽霊少女、2巻・初音、3巻・雪乃ときて最終巻を飾るのは夢になる予定だったそうですが、「単体だと画にならない」ということでお流れ。
黒地に浮かぶ幽霊の絵がホラー色を強めています。が、本作はミステリーですので、ホラーではないです。

問題なのはカバー裏表紙。
学園の隠し部屋に刻まれた無数の叫び「助けて」「やめて」「殺さないで」「死にたくない」「お母さん」。
その中央に一際濃く刻まれた文字。

「オレハ殺ッテナイ」

第二十三話のタイトルでもあるこの言葉。
まさか伏線になっているとは夢にも思いもしませんでした。

強引な解ではありましたが、それでも最後まで悟る事のなかった伏線の数々。
読み返すと「なるほど」と思える細かい描写。
正に傑作でした。

では、以下感想です。
[ 続きを読む ]

「色んな意味でパーフェクトだ!!」 鬼燈の島 3 三部けい

2009年05月23日 23:59

鬼燈の島_3

ヤングガンガンにて好評連載中の孤島ミステリー。
不信感と人死にを切っ掛けに大人対子供の生死をかけた戦いが始まった。果たして子供達は生きて島を出られるのか。
「鬼燈の島」3巻の発売です。

1,2巻の感想はこちらから。

レビュータイトル「色んな意味でパーフェクトだ!!」は、巻末に収録されたヤングガンガン増刊号での読切「クワダテ中学生」より、桑館少年の決め台詞。
お前は子供の頃からそんなんなんかい。
懲りない男、桑館。いまいち愛せないお馬鹿さん。

名前の通り「くわだてる」ことが好きなようですが、それにしちゃ行き当たりばったり。短気な性格も災いしての自滅っぷりが、もう、狙ってるとしか思えません。

シリアスストーリーの後にこのどうしようもない話が置かれたものだから、本編の深刻さがすっかり喰われてしまいました。
おそるべし桑館。
恐るべし中二病。

一方で本編の深刻さはえらいこっちゃの展開です。
[ 続きを読む ]

鬼燈の島 1~2 三部けい

2008年12月07日 21:58

鬼燈の島_1鬼燈の島_2

ヤングガンガン連載作品、サバイバル、サスペンス、ホラー……いいえ、本作はミステリーです。
表題である鬼燈の島には謎がある。子供達はその謎を解き、生き残る事ができるのか。
「大人の言うことを信じるな」
三部けい作、「鬼燈の島」をご紹介。

作者の三部けい氏といえば、少年エースにて山田悠介原作の「パズル」を連載中。また、有名所では瓦敬助名義で「菜々子さん的な日常」を描いていました。
特に「菜々子さん的な日常」は成年誌掲載作でしたが、直接的な行為は無く、コメディータッチで愉快なエロスを展開していました。読んでて楽しくなる作品。エロ目的では使えませんが、読めば多数の人が「面白い」と感じる人気作です。

さて、では「鬼燈の島」はどうかと言えば、シリアスもシリアス。大分暗くて恐ろしい話です。
無力な子供達。
閉ざされた孤島。
襲いくる大人達。
そして、時折現れる幽霊の女の子。

子供達の目から見た、恐ろしい大人達の話。
疑心暗鬼に捕らわれぬよう、気をつけなくてはいけません。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。