--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第2の百合星人登場? それにしても彩ちゃんはロリ可愛い」 百合星人ナオコサン 3 kashmir

2010年12月22日 21:16

百合星人ナオコサン_3

百合星人と言いつつも幼女ばかりがピックアップされる本作。
今巻でも至る所で理不尽に幼女が活躍します。

不条理ギャグとマニアックネタの交差点「百合星人ナオコサン」3巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

なんと今回の初回限定版は約6分間のアニメを収録したOAD付です。
TVでアニメ化の可能性はマイナススコアを記録したのでアニメ版「ナオコサン」は一生お目にかかれる事はないだろうと確信していただけに驚きの特典です。

YuriTube Broadcast Herself という公式なんだか個人配布なんだか分からないブランドマークが付いていますが、これが下手なアニメよりもよっぽどクオリティーの高い作品になっていました。正直なところ「這いよる! ニャルアニ」みたいなお茶を濁したFLASHアニメだろうと高をくくっていたのですが全くもって嬉しい誤算でした。
流石は一流アニメーター竹内哲也の作品です。てか脚本、コンテ、監督その他多くの仕事を一人でこなしています。すげぇ! ぱねぇ!

そしてナオコサンの声優が新井里美さんときたもんだ。初めこそ違和感を覚えましたが視聴1分を待たずして馴染む馴染む。いやぁ、本当新井さんと変態キャラは相性が良いなぁ(褒め言葉)。

内容に関しては1巻STAGE-08「触手エクスプレス」を忠実に再現しています。むしろ演出面でパワーアップしていると言っても良い作りです。

至れり尽くせり、ありがたし。
なんかもう、御馳走様です!

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

悪魔のミカタ666 6 うえお久光

2009年02月17日 23:59

悪魔のミカタ666_6

悪魔のミカタと呼ばれる男に対抗するには、同じ悪魔のミカタを作る事。悪魔のミカタの舎弟・葉切洋平を生贄に作られた堂島コウのコピー、ノットB。全く同じ偽者の視点で語られる物語「悪魔のミカタ666」最新第6巻をようやくレビューです。

3,4巻の感想はこちらから。
5巻の感想はこちらから。

生まれたはいいが5巻でさっぱり登場しなかったノットB。今回は一冊丸々使ってノットB視点での物語りが展開されました。代わりにモノホンの主人公である堂島コウがほとんど出てきません。
生きるべきか死ぬべきか「To be, or not to be」、獣の数字「The Number Of The Beast」の頭文字を取って自ら名づけたノットB。ハイカラな名前が恥ずかしくなったか、現在は"ノビ コースケ"を自称し、かつて堂島コウを逆ナンた遊園地受付のお姉さん・嘉門ねね宅にヒモとして寄生中(虫)。
ちなみに最初は"ノビ コーヘイ"でした。でも自分(オリジナル)の助平さに絶望して"ノビ コースケ(スケはすけべぇのスケ)"に改名、以後は"ノビ コースケ"で通しています。

腑抜けた(振りをしている?)本家・悪魔のミカタと違っておちゃらけ絶好調のノットB。軽薄さには磨きがかかっております。
[ 続きを読む ]

悪魔のミカタ666 5 うえお久光

2009年02月16日 23:11

悪魔のミカタ666_5

りんごを使った一発芸で世界を狙うちょっとお茶目なメガネ芸人・堂島コウが先輩芸人「夕日を連れた男」・安県正人の助言によりハーレムギャグを閃くというサクセスストーリー「悪魔のミカタ666」。5巻読了により積み本が消化でき、ようやく新刊が読めるようになりました。

3,4巻の感想はこちらから。

芸人云々は冗談ですが、新章に突入してからの伏線回収コースは中々に急勾配です。ザ・ワンと争ってた時には主人公不在でどーなるんだこれと危惧していたものですが、その上2年以上も続編でなくてどーなるんだと不安になったりもしたもんですが、杞憂でございました。
いや、斜め上を行く恐ろしい「転」の展開。まだまだ続くと思っていましたが、案外「結」は近いかもしれません。少なくとも、作者のうえお久光氏の頭の中には「結」のビジョンが見えていることでしょう。

では、新刊の前に既刊の5巻レビューです。
[ 続きを読む ]

悪魔のミカタ666 3~4 うえお久光

2009年02月15日 18:38

悪魔のミカタ666_3悪魔のミカタ666_4

亡くした恋人を蘇らせるため、男は悪魔の味方となった。悪魔のミカタ・堂島コウが嘘・はったり・小賢しい策略と「悪魔の力」を駆使し、願いを叶える為に魂を集める物語、「悪魔のミカタ666」その6巻が発売しました。
――けれど、実はその前から買ったまま放置していたので、まずは積み本崩し中。

恐るべき吸血鬼であるザ・ワンを滅ぼし、生まれる前の知恵の実「It」に込める魂が集まったところから始まる新章「悪魔のミカタ666」。
1・2巻は読了済みで、魂の集まったコウは「It」を生み出すための情熱――俗に言う"性欲"に翻弄され「ボクちんの紳士(ジェントルメン)が阿修羅マン(怒)になりそう! は、はちきれちゃうぅぅぅ!」的な状態になっていることは把握しています。
ただし、その状態を「ザ・ワン倒しちゃった後遺症だよ」ってことにして女性陣はコウの「イブ」となり、生まれてくる知恵の実をコントロールしようと画策、背景に「コウが好き」という感情もあるためハーレムエンドまっしぐらな争奪戦が展開されました。
一方で、コウの右腕である葉切は、コウの恋人・冬月日奈が蘇りを望まないと知り造反。

と、燃える展開だったのですが、3・4巻が前後半だったため、4巻発売を待ってるうちにずるずると積み本が溜ってしまい遂に6巻発売。1年ちょっとも放置していました。こりゃいかん。
新刊を楽しむために、まずは3・4巻の前後編を読了、レビューします。
[ 続きを読む ]

デイドリームネイション 1 kashmir

2008年12月26日 21:39

デイドリームネイション_1

主人公である小岩井知春が自慢の乳で困難を乗り切ったり、自慢の乳で発電したりするハートフルコメディ「デイドリームネイション」1巻をご紹介。
(自慢の乳云々はカバー裏より抜粋)

主人公は漫研に所属する小岩井知春。
既に卒業したOG・久遠寺刹那によりBLとエロスの道へ引きずり込まれた彼女だが、今では幼馴染の荻野夏穂と共に漫研でだらだらとした日々を過ごしていた。
ある夏の日、特に盛り上がりも無い日常の中いつも通り漫研へ向かうと、そこには全裸で漫画を読む異国風の男性が1人。
その男性とは実は学校の裏にある白景山の守り神であり、10年前知春と夏穂に助けられた恩を返すため、当時約束した願いを叶えるため下山してきたのであった。
こうして守り神の力により、知春は粘液系魔法少女に、夏穂は短パンショタ風味な男の子になってしまったのだった。

「少年誌じゃ見せられないレベルの百合見せつけてやろうぜ」
「かっちり少年誌だ! そして百合じゃねえ!! つーか黙ってろ!!!」

その場は何とか神さまの力でリセットしてもらったものの、その後も神さまは漫画を読むために満研に入り浸るのであった。

以上、1話あらすじ。
このように、kashmir氏の作品の中でも比較的大人しめな作品となっております。
むしろ大人しめでこれなんだから恐ろしい……。
[ 続きを読む ]

百合星人ナオコサン 2 kashmir

2008年12月13日 23:49

百合星人ナオコサン_2

TVアニメ化の可能性が遂に"-45%"まで到達しました。
不謹慎すぎてお茶の間に流せない、ツッコミどころの多すぎるギャグ漫画「百合星人ナオコサン」2巻の発売です。

今回も目玉は付属のCD。
アニメ化なんて絶対ありえないのに主題歌第2弾。
歌詞を耳にするとナオコサンが主役なんだか幼女か主要なんだかよく分からないです。意外なことにテクノ系の曲でした。
更に今回はWindows及びMac端末で使えるデスクトップアクセサリーも入っています。
その名も素敵「LOLICLOCK」。プロの幼女5人による時計アクセサリー。ショートヘアー、ロングヘアー、ポニーテール、ツインテール、金髪ツインテールの幼女達が踊って時間を知らせてくれます。オマケとしてナオコサンの気まぐれメッセージ付き。

特に「LOLICLOCK」の方は、製作がhirahira.netプレゼンツ。
知ってる人は知っている、同人ソフト「おまもりんごさん」の製作者さんです。
Windows Media Playerで曲を再生すると、音楽に合わせてのりのりで楽器を掻き鳴らす半分動物なりんごさん。茶太さんの歌う主題歌「ワスレナゴハン」に合わせて踊る姿がコミカルで可愛い。
ニコニコ動画かYou Tubeなんかでも動画アップされてますので、気になる方は検索してみてください。

初版分にしか特典は付かないので、興味を持たれた方はお早めに。
[ 続きを読む ]

百目の騎士 全2巻 原作 小池倫太郎/作画 村崎久都

2008年12月02日 23:59

百目の騎士_1百目の騎士_2

今は無き電撃コミックガオ!に連載していたSF漫画「百目の騎士」を紹介。
1巻表紙を飾るのは主人公であるクルハ・チヅル。片眉を上げ、厭世的な目で真っ直ぐ睨めつけてきます。
それが続く2巻目ではすっかり弟のエイクス・ロッカに手を焼いて困り顔。対照的にロッカは挑発的な笑顔です。

和と洋とSFが織り交ざった世界観。
若い男女が理不尽な軍規に縛られる騎士の世界。
父親の仇を探すため王の親衛隊に入ったチヅルであったが、祖父の名のもと憧れていた騎士の世界とのギャップに失望し、意欲をなくしていた。昇格試験もわざと落ち、次に失格すれば除隊となる時期、彼女はとある問題児の教導役を押し付けられる。
問題児の名はエイクス・ロッカ。なにかと暴力的で面倒臭がり、酒癖と女癖は最悪。ところが顔を合わせてみれば、見た目は幼く、行動にも幼稚なところがある、ただの子供であった。
クルハ・チヅルとエイクス・ロッカ。騎士のコンビは戦闘序列の最小単位、姉弟である。
一心同体であれ。

「ロッカ お前は独りじゃないぞ
 この私がお前を頼みにしている
 私は次の昇格試験をちゃんと受けて親衛隊に残る どこにも行かない お前とのコンビも続ける
 だから安心しろ」

二人はこうして家族となった。

出来の悪い弟の面倒を見て、時折にこりと笑うチヅルが素敵なのです。
[ 続きを読む ]

ロッテのおもちゃ! 1~2 葉賀ユイ

2008年12月01日 23:59

ロッテのおもちゃ_1ロッテのおもちゃ_2

電撃マ王連載の漫画「ロッテのおもちゃ!」2巻が発売です。
読んでみて思い出したのですが、1巻発売時に「穿いてない」ことでやや盛り上がってましたね、そういえば。

葉賀ユイさんといえば、スクエニ系のアンソロジーコミックなんかでよく見かける方で、可愛い絵とほのぼのしたイメージを持っています。
他にあんまり知らなかったので調べてみたのですが、小説「バカとテストと召喚獣」の挿絵や青年向けPCゲームメーカーのういんどみる作品でいくらか原画担当をされているとの事。
漫画を読んで「こういう作風も描ける人なんだなぁ」と勝手に思っていたのですが、エロゲの原画や同人誌などに携わっていると聞くと、なんだか納得です。

ニュースサイトで見かけたり検索して調べると、本作の感想はちょいエロな印象を受けると思いますが、実際読んでみるとエロいです。
子供は見んなよ!
[ 続きを読む ]

エルフを狩るモノたちリターンズ 矢上裕

2008年11月18日 23:47

エルフを狩るモノたちリターンズ

突然異世界に償還された日本人3人が、元の世界へ戻るためエルフの素肌に記された呪文のかけらを集めるため旅をするファンタジーアクション漫画。
その続巻が5年の時を経て復活(発売は2008年3月)。

セルシア・マリクレール:コモンエルフの長。実力はあるがまぬけ。いつもなにかしら変な動物に姿を変える(変えられる)。今回もリーゼントの豚として登場。
龍造寺淳平:カレー好きの空手馬鹿。かつて呪文のかけらを探すためエルフを脱がしまくっていたせいで、「耳が長い=エルフは脱がす」という癖が付いてしまっている。今回も終始脱がしている。
井上律子:ミリタリーマニア。淳平のことが好きだがなかなか思いを伝えられず、また、伝わらない。以前は女子高生だったが、卒業したのだろうか。作中、律子だけ近況報告がなかった……。
小宮山愛理:オスカー女優。淳平も彼女の熱烈なファンである。迫真の演技により、相手に「斬られた」と錯覚させて倒す。

以上の主要人物は5年のブランクを経ても全く失われていないキャラクター性を持ち、今回も異世界で大暴れ。
ただし、召喚されたのは3人だけでなく、カレーの町神保町ごと異世界に招かれたのであった。


電撃コミックガオ! 記念すべき創刊15周年の記念に、単行本1冊分だけ復活を果たした本作。
今回も相変わらずの面白さでした。

そして休刊する掲載誌。
う、うあぁぁぁ……。
[ 続きを読む ]

ひよママ 真島悦也

2008年11月15日 20:49

ひよママ

「コイネコ」「ちとせげっちゅ!!」でお馴染み、真島悦也氏の電撃大王連載作「ひよママ」。1巻完結と短い作品です。

母は早くに他界、父は世界中を放浪、金も彼女もなく、己を不幸と嘆く少年・草壁雅人。
だが、人生の春は唐突に訪れた。
彼女の名前はマリア・F・ブランシュット。顔には紅色の恥じらいを浮かべ、雅人と二人きりで話がしたいという。
喫茶店に入り二人で話しをする雅人とマリア。可愛く、優しく、けなげで雅人の理想にドンピシャであるマリアに対し、「この娘は俺が好き!」と確信した雅人は、彼女の言葉を遮り逆に自分から告白の言葉を口にする。周囲に祝福されながら嬉し涙を浮かべるマリア。そして「これで一緒に暮らせますね」といきなりの同棲宣言。

「私達もう親子なんですから"お母さん"って呼んで下さい」

親父の婚約相手でした、ていうオチ。

ところが、それは物語の序章でしかなかった……。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。