--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たくさんの父と母と孤独なわたし」 ビスケット・フランケンシュタイン 日日日

2009年06月12日 23:21

ビスケット

日日日と書いて「あきら」と読むこの作家の筆の速さときたらどうでしょう。
また出版社をいくつも叉に掛け作品を生み出し続けるこのアグレッシブさ。
そのうちあらゆる出版社の索引に載るんじゃなかろうかと期待してしまう筆者が訪れた次なるフロンティアは、学研より新たに出版され始めたばかりのメガミ文庫。

創刊したばかりのメガミ文庫の知名度を上げるため日日日氏の抜擢は必然であると言えましょう。
彼の人のネームは戦術的に使える販促兵器です。
(真実は知りません。適当言ってます)

その名も素敵「ビスケット・フランケンシュタイン」。
ビスケットは主人公である少女の名前。ちぢめてビスケ。
フランケンシュタインは彼女の性質を表す言葉。

1999年以降、緩やかに始まった病理の進行。その中で、患者の患部を寄せて集めて繋げて生まれた人ならぬ人、人工生物。
少女の姿をしたそれは、市立総合教育センターの一室、『小宮山研究室』にて生まれた。

好奇心を試した花水日景。
接いで繋いだ小宮山楽園。
集め名付けた南雷多。
人道を外れた小宮山風香。
初めての人古月蝶。
そして『病』を宿した世界中の人間達。

その全てが彼女の父であり母である。

「お母さん。お父さん。家族。それは、この身体を構成する少女たちが、幸福と呼んでいた希望の言葉だった。」

日日日氏が贈る、緩やかに狂い崩壊していく世界の物語。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。