--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タビと道づれ 1~4 たなかのか

2008年11月09日 23:23

タビと道づれ_4

兎角世知辛い世においても「旅は道連れ世は情け」、助け合いの人情こそが大切で。
「旅に道連れ人生に友」連れ合いの居る世の楽しさよ。

月刊コミックブレイド連載作「タビと道づれ」4巻発売です。

主人公は15歳の少女・タビ。
気が弱く行動・言動共に変わったところのあるタビは友達も出来ず学校にも馴染めず。遂には現実を捨てて、幼馴染と過ごした町へと逃げ出します。人気の無い電車に揺られ、トンネルを抜ければそこはかつて転向した5年前と少しも変わらぬ馴染みの町。

「航ちゃんに 会いたい」

しかし、町に着いたは良いものの、中々航ちゃんには会えません。
何故ならば、緒道町は現在、何者かの「願い」により、一日を繰り返す閉じられた世界になっていたからです。その上、道を進もうとすれば航ちゃんの下へ着く前に足場が崩れ、先へは進めない。
道は「星」に「願い」を祈った「サキモリ」の「テガタ」を集めなければ通れません。それが今のこの町のルール。

「星」は人の「願い」を叶える。
それが良しにせよ悪しきにせよ。

閉じられた不思議な世界へようこそ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。