--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もふーっ、かんぺき」 高杉さん家のおべんとう 1~2 柳原望

2010年09月14日 00:12

高杉さん家のおべんとう_1高杉さん家のおべんとう_2

男やもめに家族が増えて、良き保護者になろうと奮闘する。だから今日も早起きしては従妹のおべんとうを作るのです。
崖っぷち31歳男の空回り奮闘記「高杉さん家のおべんとう」1~2巻の感想です。

柳原望先生は白泉社のLaLaでデビューされた漫画家さんでありまして、当然のように出版されている単行本のほとんどが少女漫画の作品です。
そんなわけで先生の過去作品は全く読んだことがない(と思う)のですが、コミックフラッパーにて連載中の本作に関しては間違いなく面白い良作であると太鼓判を押せます。
*家族が昔LaLa買ってたのでひょっとしたらなにか読んだかも。

そんな作者様ブログ「つれづれやな」へはリンク先をクリック。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「タイミングの外し方がプロだね、プロ」 煩悩寺 1 秋★枝

2010年09月09日 21:00

煩悩寺_1

トイレを借りに立ち寄ったそこは、同じアパートの違う部屋。
他人の部屋は模様が違えど、そこはさながら異界のよう。

都会に潜む不思議な部屋「煩悩寺」1巻の感想です。

作者様ホームページ&ブログ「ロケット燃料★21」にて本作の連載情報は存じていましたが、コミックフラッパーは雑誌を読んでいなかったので単行本化を待ち望んでおりました。

なにせタイトルから内容が分からない

"煩悩の寺"とはなんぞや? といった感じです。秋★枝先生の作風から哲学的なものではないだろうと予測していましたが、蓋を開ければ安心のラブコメでした。にやにや。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「正に突っ込みの英才教育や!」 あねとむち 春日旬

2009年04月07日 22:47

あねとむち

表紙と題名からアレな作品かなぁと思ってたら健全なギャグ漫画でした。コミックフラッパーにて連載していたギャグ漫画「あねとむち」全1巻の感想です。

ツッコミにはアメを、騙されたらムチを。
金を騙し取られ蒸発した父のようにならない様、姉の愛で双子の弟・友樹を教育する姉・九条愛。始終繰り出されるボケ(嘘・騙し)に対し、的確につっこめた場合は最高甘露の手作りアメを進呈。しかし不甲斐無く騙される様ならば容赦無きムチの嵐。
人に騙されないように、という大義名分のもと行われる奇行の数々ですが、どう見てもつっこみの英才教育を施しているようにしか思えません。

九条愛、果たして弟をどのように育てたいのか……。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。