--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 ⑧ 志村貴子

2008年10月24日 23:02

放浪息子

世の中に、コミックビームなる雑誌がありまして。
その中の連載作に、「放浪息子」なる作品がありまして。
その8巻がこの度発売したわけですが、
こいつがどえらい面白い。

主人公の二鳥修一は女の子になりたい男の子。
可愛い服が大好きで、それを着るのが大好きで、可愛くなった自分が大好きで。
でも男の子が女の子の格好をすると笑われたりからかわれたりするので、その事で夢を見るくらい悩んでいる男の子。
何度か「女装しません」と誓いを立てたりもしましたが、好きなものは辞められない。

でも今回はやりすぎだろ。
段階的に調子に乗って、悠々デッドラインを超えてしまいました。

8巻は修学旅行(7巻参照)から帰ってきて、進級とクラス替えにより友達がバラバラになってしまったところから始まります。
クラスが違ったってお友達はお友達。一緒に登下校したり寄り集まってお喋りもします。

さて、ここから先はネタバレの世界。未読の方、ネタバレ御免の方は固くお断りしております。ちょっと待つので引き返すか読み飛ばすかのご選択を。
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
    :
はい、ちょっと待ちました。

今回のキーパーソンは新クラスで修一の隣席となった土居くん。
覚えてますか、土居。小6の時に「千葉さん好きな奴」事件で岡と殴り合ってゲロ吐いた奴です。
千葉さんに「言動も行動も臭いも嫌い」と言われてぶち切れた奴です。
まあ、岡とコンビでちょくちょく出てるので忘れるほどでもないですが。

土居はたまたま街で見かけた修一が、きれいなお姉さんと一緒だったところを目にします。それ以来そのお姉さんがなんとなく気になる土居。修一宅まで押しかけ、姉経由(姉同士が友達)で修一のメルアドを知り、「あのお姉さんに会わせてくれ」と言い出す始末。

困った奴だ。

それで結局言いなりになってしまう修一も修一なわけで。
しかし、いざ会ってみるとお姉さんはきれいなお兄さん(オカマのユキさん)だったわけで。しかも恋人持ちで同棲中なわけで。
そりゃすごすご引き下がるしかないわけで。

そして目覚める土居。

「男の美人て想像つかねえ わかんねえ」

物思いに耽る中、思い出すのは修一のこと。

「あいつもあんなふうになんのかな」

そして、思い立ったが即行動、修一に女装させて素直に「かわいい」と感想を口にする土居。

「おまえこれで学校来いよ」

困った奴だな!

そしてまんざらではない修一。不覚にもどきどきしてしまいます。
もちろんそれは土居に対しての恋心、と言うわけではなく。
クラスメートに女装癖がばれてしまう事に。
女装姿を見られる事に。
そして女装して登校する事に。

終わったと酷評すべきか。
始まったなと評価すべきか。

ここを読んでいて、1巻で高槻くんに言われた台詞が脳に木霊しました。

「とんだオカマ野郎だ」
(言われたのは夢の中でだけど)

8巻の最後はマコちゃんのモノローグで締められました。
ひざを抱えて小さく座る彼が、その時の状況を端的に表しています。

ポカンとした顔で。
小さくなって。
隅っこに丸まって。

まるで不安の塊でした。


どえらい引きで終わってしまいました。
これから続巻出るまで10ヶ月も待つのか。
ええい、このもやもやをどうしてくれよう。



スポンサーサイト

放浪息子 1~7 志村貴子

2008年10月11日 22:16

世の中に、コミックビームなる雑誌がありまして。
その中の連載作に、「放浪息子」なる作品がありまして。
これがまた面白いときたもんだ。

放浪とは彷徨うことです。
少年は性に恋に友達に、いろいろなものの間で彷徨います。悪く言えば優柔不断ですが、"彷徨う"ということは、心の中が揺れ動いているからなのです。そして、本作の良いところは、その心の揺れを描き表しているところにあります。
(志村貴子作品にはこういった揺れ動く心情を書いたもの、ぱっと見優柔不断な主要人物がよく出てきます)

主人公の名前は二鳥修一。なよっとした、線の細い男の子。物語は彼が転校してきたところから始まります。
クラスに通され、隣の席になった高槻君と修一はすぐに仲良くなります。
高槻くんの家で宿題をすることになったとき、修一は高槻くんの部屋にある可愛い女物の服を見つけます。高槻くんはボーイッシュな女の子なので、そういった可愛い服は着ません。要らない服に対し修一に「じゃあ二鳥君が着たらいいよ」と勧めます。修一は男の子、そんな服着られません。結局その服は修一の姉がもらうことになりました。
その晩、修一は夢を見ました。
髪を伸ばし、高槻くんにもらった服を着て、「似合う」と言われて喜ぶ夢です。
彼の夢は、可愛い女の子になることでした。

修一は女の子になりたい男の子。
高槻くんは男の子になりたい女の子。

普通こういうことは人には隠すもので、修一も隠していたわけですが、2話目で同じクラスの千葉さんにあっさりばれます。そして普通の人と異なる感性を持つ暴走少女・千葉さんは修一に熱烈アピールを始めるのでした。
身内にばれていないのがせめてもの救い、でしたが、あっさり姉にもばれました。そして姉の彼氏(になる人)に惚れられる始末。姉の仲介でデートをした際、修一は彼にカミングアウトします。
また、たまたま街で出会った大人のカップル・ユキさんとしーちゃんにもひょんなことからばれました。(ちなみにユキさんはニューハーフ。短編集「ぼくは、おんなのこ」の一作にも登場しています)
修一と同じく、女の子になりたいマコちゃんという友達も出来ました。
ばればれです。
本当に隠す気あんのかってくらいにばれまくります。
しかし、人に知られた分、仲間が出来たということでもあります。修一が女の子になりたいと知る人の中で、彼を邪険にし疎外させるものはいません(姉はキレてるけど)。

そんな環境の中、女の子になりたいとふらふら、ばれちゃったからもうやめるとふらふら。開き直ってふらふら、大人の女性に憧れてふらふら。高槻くんと仲良くなってふらふら、千葉さんとあれこれあってふらふら。姉のアイドルオーディションに巻き込まれてふらふら、姉のアイドル仲間に変態呼ばわりされてふらふら。
あっちにふらふら、こっちにふらふら。多感な少年期、自分の願いと周囲の反応に振り回されて右に左に彷徨います。

時は経ち、彼らもいつの間にやら中学生。多感さにも繊細さにも磨きがかかって参ります。
放浪息子・二鳥修一は次に何を悩み、どこを彷徨うのか。
続く8巻は今月25日発売。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。