--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リューシカ リューシカ じぶんにしかわからないセカイ」 リューシカ・リューシカ 1~2 安倍吉俊

2011年05月29日 15:01

リューシカ・リューシカ_1リューシカ・リューシカ_2

空想少女・リューシカの世界は謎や陰謀や事件で溢れた奇想天外・危機一髪な毎日。
なんてことのない日常も彼女にとっては大冒険。

広がる想像、果てしない空想「リューシカ・リューシカ」1~2巻の感想です。

なんと本作はフルカラーです! こいつはスゲェや。
もともとは同人誌として発表されていた作品(四冊くらい?)ですが、今ではガンガンONLINEで無料配信されている商業作品です。ゴイスー!

作者の安倍吉俊先生と言えば、「NieA_7(アンテナの生えた宇宙人の話)」や「灰羽連盟(死後の世界の話)」などの作品で有名なイラストレーターさんです。

わたしが初めて触れたのはWOWOWにて放送されていた「NieA_7」のアニメでしたが、その後漫画化され単行本として刊行された同作を読んだ時は"糞先生"なるウンコと安倍先生との対談が収録されており、「あーいたたたた」とデコを叩いたものでした。
その糞先生、本作でも巻末に出てきて安倍先生と対談しています。なんでも彼は「安倍先生がクソ野郎だと思う人物の集合体」だそうで、今後も度々私達の前に姿を現すこととなるでしょう。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「ボクは今日もねむれない」 ほしのこ! 1 matoba

2010年12月25日 21:43

ほしのこ_1

星に願いを」とは言うものの、願ってもいないのに押しかけてきて「貴様の願いを叶えてくれるわァァ!!!!」とはどういう了見だ!

天使か悪魔か、敵か味方か!? 夜空に届けラブのファンタジー「ほしのこ!」1巻の感想です。

新GIガンガン杯にて「からおけのひ」(リンク先はガンガンONLINEでの掲載ページ)が佳作受賞しデビューを決めたmatoba先生の初単行本です。
なお、現在(2010/12/25)ガンガンONLINE上でデジタルコミック(フルカラー描き下ろし)の特別編も公開されています。

キャッチコピーは「やばい かわいい なにこれ!」。
読み始めるなら今ですよ!

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「書くんじゃなくて、書きたいんだ」 ばらかもん 3 ヨシノサツキ

2010年11月11日 22:13

ばらかもん_3

東京から友人が訪ねてきた。
ついてきたのは自分を差し置いて大賞を取った若き書道家。
だけど前より楽なのは、島で暮らす皆のおかげ。

離島でのスローライフ書道漫画「ばらかもん」3巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。

都会より男子が二人もやってきて半田先生とからむのです。
さぞかしタマ先生もご満悦でしょう。

 戦闘要員増えちょる――――


と悦び(?)の声を上げ、月まで昇っていきました。
さすがヨシノタマ先生。出番は少ないのにインパクトは最高です。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「今日は……風が騒がしいな…」 男子高校生の日常 1~3 山内泰延

2010年11月04日 21:47

男子高校生の日常_1男子高校生の日常_3

かわいいは正義だの萌えだのぬかす世の中に一石を投じる問題作。
登場する女子のほとんどが顔が出ない!

おバカな男子達の虜になる「男子高校生の日常」1~3巻の感想です。

男同士の馬鹿騒ぎがメインで最初は女子なんて主人公の妹くらいしかいなかったのに、3巻ともなると随分その数を増やしました。コミックスの巻末では特別読み切りとして「女子高生は異常」も描かれており、時折本編にも出張してくるので女性陣は確実にその数を増やし続けています。
今のところほとんどは男子視点で物語が進んでいますが、このまま女子の数が増え続ければ巻末のみならず本編も女子視点で話が進むようになってしまうのかも……。というか、むしろりんごちゃんには既に負けきってる感があります。

女の子は強いなぁ。
頑張れ男子高校生。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「君が大人になるのを待ちわびてるよ」 今日も待ちわびて 2 佐伯イチ

2010年08月07日 22:17

今日も待ちわびて_2

小学生に告白されて、あれよあれよと同棲始め、今ではすっかり良い夫婦。

年の差カップルのファミリーコメディー「今日も待ちわびて」2巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。

いやー、完結してしまいましたね。
割とあっさり。2巻完結は思ったよりも早かったです。

1巻での感想でも書きましたが、スクウェア・エニックスマンガ大賞ギャグ部門入選作である"其の零"は今回も収録されていませんでした。
なんてこったい。
俄然お蔵入りの香りがしてきましたよ……。
むぅ……完全版に収録か、もしくはどこかで再び公開してもらえないものでしょうか。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]

「チッ 神は私を試しているのか」 ばらかもん 2 ヨシノサツキ

2010年05月25日 22:12

ばらかもん_2

長崎は五島列島を舞台とした若き書道家のスローライフ生活。
「ばらかもん」2巻の感想です。

1巻の感想はこちらから。

書こう書こうと思いつつ発売から大分日が経ってしまいました。まあいいや。これもスローライフですよね。
昔の人は言いました。「慌てない、慌てない。 ひとやすみ、ひとやすみ」By一休さん(アニメ)。

ただしスローライフとは言いつつ、若き書道家・半田清舟は島の子供や大人達に振り回されて日常が存外忙しいと漏らしています。
島の生活は都会と違って物珍しく、毎日が新鮮だから精神的に容量過多となっているのでしょう。
なんにせよ、楽しそうな様子で何よりです。
[ 続きを読む ]

「まるで女版宮村くんだな。君の進藤くんは誰だろうね」 浅尾さんと倉田くん 1 HERO

2009年07月27日 23:44

浅尾さんと倉田くん_1

自分を偽って友達なんかできないよね。

子供の頃はお転婆で、同じ年頃の女の子達からは遠巻きに揶揄されて。
でも同年代の、女の子の友達が欲しくて。おっかなびっくり近付いて。だから皆から無視される。

ガンガンONLINE連載作「浅尾さんと倉田くん」1巻の発売です。
作者は「堀さんと宮村くん」でお馴染みHERO氏(さん?)。
「堀宮」からの繋がりで、わたしがガンガンONLINEを読み始めるきっかけとなった作品です。

フルカラーなので若干お値段が張りますが、逆に言うとフルカラーでこの値段かよ、とも言えます。「堀宮」は同じくフルカラーで千円しますからね。サイズが違うけど。

本作も「ばらかもん」、「今日も待ちわびて」と同じく、Phrase.1をお試しで読むことが出来ますので、未読の方はこちらからどうぞ。
[ 続きを読む ]

「君らなんだかんだで相思相愛よね」 今日も待ちわびて 1 佐伯イチ

2009年07月26日 23:58

今日も待ちわびて_1

積極的なボンボン小学生に迫られて嫁入り前の婚約をしてしまうとんでも話。けれど無理矢理と言うわけではなく、家庭内で繰り広げられるファミリーコメディー。
「今日も待ちわびて」1巻の発売です。

昨日の「ばらかもん」に引き続き、無料WebComicであるガンガンONLINE連載作であります。
ガンガンONLINEは4コマ作品の最新作だけ専用ビューワーでなくブラウザでも公開しているため読みやすくて素敵です。

本作も其の一をお試しで読むことが出来ますので、未読の方はこちらからガンガンONLINEの「今日も待ちわびて」ページへどうぞ。

スクウェア・エニックスマンガ大賞ギャグ部門入選作をガンガンフレッシュにて掲載。その後お話を再構成してガンガンONLINEにて連載する運びとなった本作。
受賞作である其の零も1巻に収録されるだろうと期待しておりましたが、今巻では見送りとなっておりました。残念。
主人公の1人である野々村茉が今以上にお馬鹿で貧乏、ショタコンではなく妹のために人生をかける超絶シスコンでありました。
ガンガンONLINE上でも新春企画として掲載され、現在は公開終了しております。単行本に収録されると思っていたので保存していなかった事が悔やまれます。無念。
[ 続きを読む ]

「元気良く! 一筆入魂!」 ばらかもん 1 ヨシノサツキ

2009年07月25日 23:01

ばらかもん_1

長崎は五島列島を舞台に、都会から越してきた書道家先生がおおらかな島民に振り回される御当地漫画。
「ばらかもん」1巻の発売です。

タイトルの「ばらかもん」とは島の方言で「元気者」の意。
無料WebComicであるガンガンONLINE連載作である本作。初出はガンガンパワードの読みきりでしたが、その後の反響からガンガンONLINEでの連載が決定。
わたしが読んだのはガンガンONLINEが初めてですが、一読したときから「これは面白い!」と感じ入り単行本化を待ち侘びておりました。
そして、遂に発売。
2009/7/22(水)発売なのでもっと早く感想を書きたかったのですが、いかんせん忙しいのと近所に本屋が無いのとで、本日購入、早速読みました。
うーん、やっぱり面白いです。

「郷土愛を全力でぶん投げます」

との作者談で始まる本作は副題が五島弁(長崎弁ともちゃいます)。方言協力はハハルミコ(母)。
母・るみこさんですか。

2009/7/25(土)現在、web上でACT.1と単行本の続きであるACT.8が読めますので、感想読む前にとりあえずACT.1を読んで頂きたい!
興味を持たれた方はこちらからお進み下さい。

では、ACT.1を読まれた方にはここから1巻の感想です(ネタバレあり)。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。