--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「例え目には見えずとも」 はなたま 御形屋はるか

2010年10月11日 23:37

はなたま

嫌いな自分を変えるため、大学入学を機に一人暮らし。
けれど引っ越し初日から、変わった神様と七色の縁で結ばれまして。

不思議なもっちり生物と暮らす合縁奇縁で繋がる4コマ「はなたま」の感想です。

御形屋先生は乙女チックなかわいい絵柄で時折BLに走る油断のならない作家さんですが、本作ではそういった様子は形を潜めておりました。代わりに男性向けのサービスシーンがちょこちょこ。

コミックハイ!連載中の「ぽてまよ(リンク先は画像検索)」が有名ですので、絵柄のかわいい雰囲気は想像が付くかと思います。
分からない人は作者様ブログの「Chelcy」をクリック。基本は文章ですが、イラストのカットが載る日もあります。

以下、感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「なにげに惹かれるゆるい青春」 となりのなにげさん 1 橘紫夕

2009年08月09日 23:22

となりのなにげさん_1

日常でおきるなにげないトラブルを、なにげに現れなにげなく助けてくれる、どこの誰かは知らないけれど誰もが知ってる不思議な少女。
彼女の名前はなにげさん。
クラス不明。学年不明。本名不明の謎の存在。最早学園七不思議のレベルにあるなにげない存在です。

表紙を見て「む?」と惹かれるものがあったら買い。

「となりのなにげさん」連載に至るまでを描いた巻末オマケの実録漫画がなにげに面白い。
2007年5月某日唯一の連載を持っていた雑誌が休刊(あおば出版「月刊ハムスペ」のこと。作者ホームページでは"月間"って書いてある)。
拾ってくれるところも無いのでまんがタイムきららへ名前と作歴を伏せて持ち込み。評価が良ければ名乗ろうと思っていたとか。
そしてきらら向けではないとの評価を受け、まんがホームへと回される。が、そこで高評価を受けようやく自己紹介。

「じ 実は…
 昨日倒産した○○出版で連載していた者です…」

編集さんもコーヒー吹いた奇跡のタイミング。

5月   休刊
6月   持ち込み予約
7月5日 倒産
7月6日 持ち込み

そんな、神に愛されているとしか思えない作者・橘紫夕さんのホームページはこちらの「DEAR MINE」。
「犬秘密日記」内で同作者連載作「でかポメ」(先の潰れた出版社で連載してた漫画)の主人公である愛犬・宗次郎氏のお姿が拝めます。
ポメラニアンかわいい。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。