--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひ弱を極めたしたたかさ」 ひよわーるど 1 橘紫夕

2010年04月19日 00:09

ひよわーるど_1

キャッチフレーズは「4コマ史上、最弱のヒロイン」。
となりのなにげさん」で少し不思議な学園4コマを描いた橘紫夕先生の新作「ひよわーるど」1巻の発売です。

主人公は公式最弱女子高生・守屋ひより。ひ弱な彼女の守られ生活を描いたのが本作です。

作者コメント文より、本作は実話ベースで作られているとのこと。
つまり " ひより ≒ 橘先生 " です(本人否定してますが)。
はっ! こ、これが萌え? 作者萌えなのか!?

およそ生きるのに向いてない


流石は"持ち込み前日に前の出版社が倒産した"奇跡のタイミングを持つ橘先生。人生がネタです。

そんな、神も愛してやまない作者様ホームページはこちらの「DEAR MINE」。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

「見ろよ、腐った目をしてやがる」 ゆるめいつ 1~2 saxyun

2010年04月06日 00:38

ゆるめいつ_1ゆるめいつ_2

大学受験のために上京したはずがとんだボロアパートへ引っ越してしまった。
片付けられない自堕落な隣人、川野サエ。
つかみ所の無いとぼけた女性、田中くみ。
幼い頃からひげめがね、松吉。
そして腐ったみかん箱の中で一緒になって腐ってしまった新人、相田ゆるめ。
朱に交われば赤くなる? いいえ、彼女もまた、性根の腐った性格だったのです。

自堕落住民達のゆかいな魔窟「ゆるめいつ」の感想です。

未来に夢見て希望を抱く若者の時代。そんな時が自分にもありました。
この作品は夢見る若者の時代を、何をするでもなく自堕落に消費していく夢も希望も無いマンガです。
でも人生は生きてるだけで面白い。
面白いのです。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。