--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕は新世界の神になる」 未来日記 8 えすのサカエ

2009年05月24日 23:59

未来日記_8

12人いた神候補の未来日記所有者達も残すところ僅かに5人。
クライマックスは近付き、今巻で全員の面も割れました。
斜め上を行く展開の連続、「未来日記」8巻の発売です。

7巻の感想はこちらから。
スピンオフ作品・モザイクの感想はこちらから。

表紙を飾るのは8th・上下かまど。児童養護施設「母の里」の院長であり、人に未来日記を分け与える「増殖日記」の所有者。作者からも公共交通機関に乗れるのか心配されるビックリ体系の持ち主です。
二頭身だし。縦横にでかいし。手足は太く短いし。
どこまでも規格外。
人間的には良い人なのですが――ね、ネタキャラとしか思えない。

そんなこんなで以下、盛大にネタバレ&推測です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

未来日記 モザイク えすのサカエ

2008年11月24日 21:50

未来日記_m

昨日の記事から引き続き、「未来日記」の感想です。今回は本編7巻と同時発売の、9th・雨流みねねが主役のスピンオフ作品「未来日記 モザイク」。

現在本編主人公・雪照&由乃と協力関係にある雨流みねね。彼女は神出鬼没で、1巻初期からちょくちょく顔を出す人物。その彼女が、あの時どうしてあそこにいたのか、その裏で何をしていたのかを描いたのが本作です。

語られる背景は5つ。
1.どういう経緯で未来日記を手に入れたか
2.どうやって御目方教に捕まったか
3.5th・豊穣礼佑戦に味方したのは何故か(本編にそんな描写無いけど)
4.初登場時ゴスロリだったのは何故か
5.秋瀬或とはどうやって知り合ったのか(今のところ本編で知り合いである描写は無い)

各話は時系列順ではなく、いずれも一話完結。
雪輝たちと時を同じくして何をしていたか、の部分は語られたものの、残念ながらいつからリス達をペットにしているのかは語られませんでした。
モザイク自体は(多分)今後も連載が続くので、そこでいつか語られるやも知れません。
[ 続きを読む ]

未来日記 7 えすのサカエ

2008年11月23日 23:59

未来日記_7

むかーしむかし、今の小学生達には「なんじゃそりゃ」な時代。
TBS系列で「ウンナンのホントコ!」なるバラエティ番組がありました。
その中のコーナーの一つに、"予め行動予定を書いた日記を見て、男女二人がその通り行動し、最終的に恋に落ちるかどうか"を見るというものがありまして。
これがまあ、なんとも背筋がむず痒くなるベタな恋愛。わー、こそばゆい。

そのコーナーの名前が「未来日記」。

それから数年。本屋の一角で見かけた本の名前が「未来日記」。わー、懐かしい。
1巻表紙を見ると可愛らしい女の子が。ははぁ、これがヒロインか。その後ろで携帯弄ってるのがヒーローか。はて、背後のシルエットがずいぶん人影が多いなぁ。

と、思って80%の懐かしさで購入し始めた本作。
読んでびっくり。全然違うでやんの。SFですやん。


主人公である少年・天野雪輝は友達が居らず、周囲の事を携帯電話に打って日記をつけるだけの毎日を過ごしていた。そして妄想の中で神様ととりとめも無い会話をしていた彼に、ある日「未来日記」というその名の通り未来の出来事を知る事の出来る力を手に入れる。
同じ力を持つ者は12人。彼らは神の座をかけて命がけの戦いに身を投じることとなる。
雪輝もその一人。半ば無理やり参加させられた彼であったが、彼には可愛くて頼もしい協力者がいた。
協力者の名前は我妻由乃。2番目の未来日記所有者である。頭が良く行動力もある彼女に幾度となく助けられる雪輝。
しかし、由乃は雪輝を愛する余り盗聴やストーカーを繰り返し、周囲に被害を及ぼしても雪輝を独占しようとする超ド級の異常者でもあった。

うーん、やっぱり期待と全然違う。
ところがこれが面白くて、買い続けるうちに7巻発売です。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。